ビデオ・映像制作の基本
映像

ビデオ制作のメリット

ビデオ制作をおすすめするには訳があります。

映像による疑似体験
皆さんはテレビや携帯電話で配信された映像を見たときに思わず笑ってしまったり、同情して悲しくなったりしたことはありませんか。映像というのはあたかも自分が今体験しているかのような気持ちにさせてくれます。

それゆえ、ポスター印刷と違い、実際に経験した事が無いことでも映像を通して事前に学ぶことが出来、一種の人生経験にもなるわけです。 

メディアではそういった特性を生かし、映像がより身近に感じられるようにごくありふれた日常の中で使える知識の提供や、日常生活には欠かせない商品の宣伝を行っていますよね。

こうして皆さんは映像により知識を得る事で自身の目的に合った選択をしているわけです。それは自分でビデオ制作する目安ともなりますので、映像による疑似体験を意識してビデオ制作を行ってみてはいかがでしょう。
紙媒体との違い
映像やビデオは大きく異なります。皆さんが今ご覧になっているように文章で映像やビデオ制作のメリットを伝えるのは困難ですが、一緒に写真などのイメージを載せることにより私が意図しているサイトの印象はポスター印刷など文章のみに比べかなり伝わりやすくなるかと思います。

文章は一見して個性を見極めるのは難しいですが映像やビデオ制作はあなたの内面が如実に反映されるのです。

何年ほど前だったか定かではありませんが、カップヌードルのCMで「世界初匂いを一緒にお届けする映像」と題して美味しそうなカップヌードルの映像を背景に「テレビの近くによると匂いが伝わります」といったテロップが流れるCMが話題を呼びました。

CMの最後に「というのは嘘です。」と付け加えがあるのですが思わずテレビに近づいた方も多いのでは。実際には匂いや香りを電波でお届けすることはできませんが映像というのは不思議な力を持っているものです。

カップヌードルの映像と音声で不意に匂いを思い出し食べたくなってしまいました。このように映像、ビデオは脳にダイレクトに伝わり、それが過去に経験したことであれば視覚や聴覚以外の五感をも呼び覚ますことが出来るのです。
短時間で膨大な情報を発信
映像やビデオ制作のメリットは何と言ってもこの短時間で膨大な情報を発信できることにあるのではないでしょうか。

それは一人に対してではなく同時に複数の人に提供することが可能となり、制作したビデオをDVDなどに納めるといつでもどこでも繰り返し見ることができます。例えば映画を思い出してみてはいかがでしょう。

壮大な人間ドラマが約2時間という短縮された時間の中で表現され、しかも自分が経験したことのように知識が残りますよね。

ビデオ制作は日常にある印象的な部分を抜き出しそれを分かりやすく第三者に伝えることが可能なのです。

recommend

wedding photo japan

最終更新日:2018/5/23

Copyright © 2009 ビデオ・映像関連の基本 All Rights Reserved.